年齢を重ねると、特に付き合いの多い男性は、冠婚葬祭への列席の機会が多くなります。

冠婚葬祭の際、男性の服装はスーツにネクタイで一応の体裁は整いますが、財布やご祝儀袋・香典袋は何に入れて持って行きますか?
バッグを持って行きますか?
持ち物のすべてをスーツのポケットに詰め込んで、手ぶらで行きますか?

男の冠婚葬祭にバッグはいらない?

いつの頃からか冠婚葬祭への列席の機会が多くなります。
気が付くと、友達や会社の同僚から結婚式の招待状が続々と届く時代がありますよね。
女性の場合と違って、男性・特に若い男性の場合は、冠婚葬祭の服装・友達の結婚式の服装であればシックなスーツにシルバー系かセンスの良いネクタイで十分なので、以外と楽ちんですよね。

また、年齢を重ねるごとに、悲しいかな・お通夜やお葬式への参列も多くなってしまいます。

男性の皆さん、結婚式やお通夜・お葬式の冠婚葬祭の際に持って行くバッグはどうしていますか?
財布もスマホも、ましてご祝儀袋・お香典までもポケットに入れて持って行きますか?
男性の冠婚葬祭はバッグなしでの方も大勢いらっしゃるようですね。

ですが、冠婚葬祭に出かけるのにバッグを持たずに手ぶらで良いのでしょうか?

セカンドバッグやクラッチバッグはダサいの?

男性の冠婚葬祭への列席の場合、バッグを持たずに行くのはマナー違反でもなく、特に問題はないようです。

しかも若い世代にとって「セカンドバッグ」はバブル全盛期の親父のイメージが強く、人によっては集金用のバッグみたいで「ダサい!」というイメージも少なからずあるみたいです。

で・す・が、ダサいのはセカンドバッグやクラッチバッグのせいではありません!
ダサいと見えるのは、持つ人のセンスや持ち方なんです。

それに、依然と違ってセカンドバッグ・クラッチバッグもスタイリッシュになっており、若い人にもおしゃれに使えるものがたくさんあります。

品の良いセカンドバッグ・クラッチバッグを腰の脇でさりげなく・サリゲなーく持てば、カッコ良いものですよ!

想像してみて下さい。
持ち物全部をポケットに詰め込んで、ダラリとなったスーツを着ている方がダサいと思いませんか?

冠婚葬祭の会場まで車で行くのなら良いのですが、電車やバスに”手ぶら”で乗り込むのって「・・・?」じゃないですか?

それなりに年齢を重ね、それなりの地位を築いてきた男性にとって、冠婚葬祭にバッグを持たないのがマナー違反じゃないからといって、持ち物全部をスーツのポケットに詰め込んで外出するのは如何なものかと思うのですが・・・

男の冠婚葬祭にはセカンドバッグがおすすめ

冠婚葬祭の際にバッグを持って行こうと思っても、フォーマルな席にビジネスバッグやショルダーバッグを持って出席したんじゃぁ、それこそダサイ男になってしまいます。

賛否両論のセカンドバッグ・クラッチバッグですが、TPOと服装に応じた・センスの良いものを一つ持っていれば何かと役に立つバッグですよ。

そこで、今回は冠婚葬祭に役立つメンズバッグをご紹介したいと思います。
落ち着いた色を選んでおけば、おめでたい席もそうでない席も両方使えて重宝しますよ。
もちろん、普段使いもできます。
あちこち探したのですが、その中から3点をご紹介します。

男性の冠婚葬祭用にメンズセカンドバッグHERGOPOCH

>>公式サイトで見てみる

男性の冠婚葬祭に適したメンズセカンドバッグ


男の冠婚葬祭用セカンドバッグ・ペッレモルビダ
>>公式サイトで見てみる

もし、この記事を読んでくださっている方が50代・60代~でしたら、少しハイレベルな「父の還暦」で紹介したバッグもおすすめです。

冠婚葬祭といっても、結婚式であれば招待状が届いた後であれこれ考えて準備する時間もありますが、不祝儀となるとそうはいきません。
この機会に、紳士の身だしなみとして、冠婚葬祭用のセカンドバッグ・クラッチバッグをお一つ準備しておきませんか?