ベレー帽は、絵描きさんとかの芸術家さんが被るものと思っていませんか?
実は、ベレー帽は顔の形やヘアスタイルを選ばない、おしゃれさん御用達の便利な帽子なんです。

ベレー帽の歴史

ベレー帽(フランス語でbéret)は、フランス国境に近いスペインのバスク地方が発祥といわれています。

正統派のバスクベレーは、フランスのベアルン地方で古代ローマ時代から日よけや風よけの実用品として被られていました。

その後、フランス・スペイン国境のバスク地方で広く被られるようになり、さらに貴族から農民までと一般的に被られるようになりました。

ナポレオン3世がバスク地方を訪れたときに、人々の帽子を見て「ベレー・バスク」と呼んだことから、その地方の帽子としてフランスやスペイン・イタリアをはじめとして、世界中に広まりました。

第二次世界大戦頃からはアーミー・ベレーとして軍隊に普及し始め、現在では世界各国の軍隊で用いられています。

ピカソやロダンをはじめとする画家などの芸術家にも愛用されてきた歴史があり、日本においては戦後、漫画家の間でベレー帽が流行した時期がありました。

実は便利なベレー帽

ベレー帽の多くはフェルトで作られていますが、ニットやウールなど、様々な素材で作られたベレー帽もあります。

サマーニットや麻などの素材を使ったものは、春夏の暖かい時期でも爽やかに被れますね。

更に、男女問わずかぶることができますので、デザインによっては男女兼用として用いることもできます。

ベレー帽のかぶり方

 ペレ-帽はいろいろなかぶり方が楽しめる帽子です。かぶり方を変えるだけで、同じベレーでもガラっと印象が変わります。

角度をつけてかぷるときには、クラウン(頭の部分)の厚みを薄くするとクラシックで上品な印象を与えてくれます。

ニット素材のベレー帽であれば、クラウンを浅くしてかぶるのがポイントです。
また、コットンやレース素材のベレー帽の場合はマリンスタイルに決めてもキュートです。

可愛くかぶりたい場合には、後ろに傾けてキュートに決めましょう。

更に、クラウンの中に空気を入れて膨らませると、エレガントに見せることができます。

黒やブラウンなどのシンプルな色の帽子には、コサージュやブローチなどをつけて個性的なファッションが楽しめます。

男性には、ハンティングのようにクラウンを前へ寄せてかぶるのがおススメです。

傾け方次第で、自由自在に理想とする印象が演出できます。

どうですか?
以外と取り入れやすいでしょ?
ベレー帽で独自のファッションを生み出してみませんか?
おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントにしても、きっと喜ばれますよ。

詳しくはコチラからどうぞ。↓↓