ハンチング帽はヤングからご年配の方まで、そして女性にとっても、ワンランクアップのおしゃれアイテムとしておススメの逸品です。

ハンチング帽の歴史

ハンチング帽の起源は19世紀半ばのイギリスです。

シルクハットが主流だった時代に、シルクハットでは乗馬や狩猟時に動きにくいという理由で、アウトドア、特に狩猟に適した帽子として生み出されたのがハンチング帽です。
ハンチング‘Hunting”と呼ばれる所以ですね。
当時の上流階級のレジャー用として流行したのが発端というわけです。

動きやすさを追求したハンチング帽は、頭の形にフィットして動いてもずれにくいため、その実用性の高さから、やがて庶民の間でも親しまれるまでに普及していきました。

日本で普及したハンチング帽

日本では「鳥打帽」(とりうちぼう)とも呼ばれ、明治時代の商人さん達の間で普及したのが発端です。そういえば、当時を背景としたドラマを見ると、よく行商のおじさん達が被っていますね。
一昔前のドラマの中では、なぜか、刑事や探偵さんが被っているのも見かけたものです。

ハンチング帽でおしゃれな休日

素材にこだわった、上質な仕立ての独創的なデザインのハンチングは、ハイセンスな紳士をはじめ、おしゃれな皆さんの必須アイテムです。
ハイクオリティのハンチング帽は、大人の色気をグンと引き立ててくれます。 女性が被れば、キュートに決まります。

ハンチングに使われている素材は様々なので、異なる素材のものをそろえれば、一年を通してハンチングを楽しむことができます。

日頃あまり帽子を被らない人でも、ハンチングなら靴やマフラーなどの小物と組み合わせて、自分のセンスで個性的なファッションを作ることができます。

場所や服装を選ばず、手軽に着用できるのもハンチングの魅力です。

カジュアルであると同時に上品さや落ち着きもあるので、世代を問わず愛用できる帽子です。

休日のおでかけやお散歩にどうですか?
もちろん、ゴルフにはテッパンですね。
思い切って、気軽に楽しくハンチングを楽しんでみてください。新しい自分が発見できること請け合いです。

詳しくはコチラからどうぞ。↓↓