秋冬はレザージャケットが恋しい季節です。
でも、うまく着こなせるか不安という方もいらっしゃるかもしれません。
レザージャケット・ライダースジャケットは色々な着こなしができ、コーデ次第で男前度がアップしますよ!

レザージャケットのタイプ

レザージャケットと言っても、文字通りのジャケットタイプのものもあれば、ライダースジャケット・いわゆる革ジャンタイプのものもあります。

ライダースジャケットはシングルとダブルに別れますが、前立てが一重か二重かで違ってきます。

シンプルなデザインのシングルライダースはカジュアルなコーデが楽しめますし、ワイルド系のコーデがお好みの方にはダブルライダースがおすすめです。

また、ジャケットタイプであればシックな着こなしもできますし、合わせるパンツやインナーでカジュアルな着こなしもでき、コーデ次第で色々なファッションが楽しめます。

レザージャケットの素材

レザーというと牛革や羊革をイメージされると思いますが、レザージャケットに使用される主な素材を簡単にご紹介します。

<ラムスキン・ラムレザー>
生後1年以内の羊の皮のことをラムスキン(ラムレザー)といい、きめ細かくしっとりした滑らかな風合いです。断熱効果が高く、防寒用として多用されます。
初めてのレザージャケットにはラムレザーがおすすめです。

<シープスキン・シープレザー>
シープスキン(シープレザー)は生後1年以上経過した羊の皮のことで、ラムスキン・ラムレザーよりも強度が高く、ダメージ加工を施してヴィンテージ風に仕上げられることもあります。

<カーフスキン>
生後6ヶ月以内の仔牛の皮をなめしたものをカーフスキンと呼び、きめが細かく柔らかいのが特徴です。
採れる部分が少ないので希少価値も高く、牛革の中で最も貴重とされています。

<カウハイド>
カウハイドとは生後2年が経過した牝牛の革で、雄牛の革に比べるとやや柔らかいものの、ラムやシープに比べると耐久性が高いのが特徴です。

<ステアハイド>
ステアハイドは、生後半年以内に去勢された生後2年以上の雄牛の革のことで、厚手で耐久性が高く、非常に硬い素材です。ロックな感じというところでしょうか。

レザージャケットのコーデ

レザージャケットのコーデはいろいろと楽しめますので、あなた流の着こなしでワンランクアップの男性になってくださいね。
管理人が素敵だと思ったコーデをちょっとだけご紹介します。

大人っぽいコーデが素敵なジャケットタイプ

大人の雰囲気のレザージャケットですが、ブルージーンズやネイビー系のパンツと合わせると、より一層カジュアルなコーデになります。
映画や美術館などでのデートにはぴったりと思いませんか?

レザージャケットの着こなし・コーデ・キャメル

カジュアルな着こなしがお似合いのシングルライダース

こちらはシングルのライダースジャケットですが、グレー系やウォッシング、ダメージ系ジーンズとのコーデが良い感じです。

レザージャケットの着こなし・赤のコーデ

ちょいワイルドな感じのライダース

こちらはちょっとだけワイルドな感じですね。ネイビー系のジーンズなど濃い色のパンツに合わせたコーデが楽しめます。

レザージャケット着こなし・ブラウンのコーデ

 

他にも着る人のセンスでいろいろなコーデが楽しめるレザージャケットです。
レザージャケットは女子ウケも良く、センス良く着こなせば、男前度がワンランクアップしますよ!!

上記でご紹介したのは管理人が特にいいなと思ったジャケットです。
他にも、色々なレザージャケットを扱っています。バリバリのライダースもありますので、ご興味がある方は下記からどうぞ。
革のお手入れの方法も紹介しています。



>>公式サイトで見てみる