今回はできる男のステータス、クロコダイルのお財布を紹介しようと思います。
ワニ皮は昔も今も変わりなく、高い人気があります。
高級なイメージのクロコダイルですが、それだけに、持つ人の信頼もアップします。

クロコダイルと呼べるのは4種類だけ

ワニ皮の最も大きな特徴は、なんと言ってもそのウロコ模様ですね。
同じ個体であっても、1つとして同じ柄にはなりません。つまり、唯一無二のオリジナリティーを有する皮なんです。
そんなワニ皮ですが、「クロコダイル」と呼べるのは4種類のワニ革だけなのをご存じでしたか?
それぞれの特徴を簡単に説明します。

<スモールクロコダイル>

イリエワニとも呼ばれ、ウロコの配列が他の種類のものより細かく、横一列のウロコの数が31~35列なのが基準なので、きめ細かいエレガントなウロコの並びが特徴の最高級のクロコダイルとされています。

<ラージクロコダイル>

こちらはニューギニアワニで、スモールクロコダイルと比べるとウロコのバランスが大きいのが特徴です。

<ナイルクロコダイル>

その名のとおりナイルワニです。ウロコのバランスはスモールクロコダイルとラージクロコダイルの中間といったところで、長方形のきれいなウロコ模様をしています。

<シャムクロコダイル>

主にタイで養殖されていて、日本への輸入量の多いクロコダイルです。
ウロコ模様はスモールクロコダイルと比べるとやや大きいバランスになります。

因みに、アリゲーターやカイマンはクロコダイル科には属さないので、クロコダイルとは呼べません。

クロコダイルを使った財布のご紹介

ご紹介したいクロコダイルのお財布は2タイプあります。

ワニ皮なんてちょっと敷居が高いと感じている方は、まずはカジュアルに、ナイルクロコダイルとベビーカーフの二種類の素材を使った、コントラストが魅力のラウンドファスナータイプのお財布はいかがですか?

財布の背中に良質なクロコダイルを採用し、手染めのイタリアンレザーと調和した逸品です。背中のみにワニ皮が施してあるので、高級感とカジュアル感が同居して、若い方でも気軽にお持ちいただけます。

50枚の紙幣を収容できる札入れ部分と大容量の小銭入れの他、12枚のカードスペースもついていますが、スリムな形状ですっきりしています。

クロコダイルの財布

>>公式サイトで見てみる

どうせ持つなら全面ワニ革でしょ!
という方には、外側にナイルクロコダイルの良質な部分を使用し、手染めのグラデーション染めが施された最上級クラスのお財布があります。
見るだけでも見ていって下さいな。この上ない美しいお財布です。
実物を見てきましたが、それはそれは綺麗な色をしていました!

クロコダイルの財布

<>>公式サイトで見てみる

いつの時代も高い支持を得ているクロコダイルは、今後も高い ステータスを維持していくことでしょう。
ぜひ、ご検討ください。